MENU
main-p7

misunderstanding

ああ勘違い?

ものもらいは移る?

俗に「ものもらい」という病気があります。
正式には「麦粒腫」「霰粒腫」という場合がほとんどですが、俗語ゆえに「他人から移される病気」あるいは「他人に移す病気」と勘違いされている人がいます。

原因は眼が痒いためにこすりすぎて起こります。
自分で引き起こす病気です。他人には移りませんのでご安心を。

「老人環」と「白内障」

角膜の周囲が白く濁ってくるものを「老人環」といいます。
この白い濁りを「白内障」と思っている人が意外と多いので驚くことがあります。
もし肉眼で「白内障」がわかるようであれば、その指摘を受けた人はほとんど見えません。
つまり日常生活は1人ではできません。

「老人環」と「白内障」は全く別のものです。

目に虫が飛んでいる?

眼に虫が飛んでいるのが見える場合、「飛蚊症」がよく知れたせいでしょうか?
今日は沢山飛んでいると驚いて受診する人がいますが「内視現象」と混合している人が結構います。
「内視現象」は血管内の白血球が動いていて網膜の機能は正常ですよというサインです。
ですから心配には及びません。